熊本 有明海の厳選された海苔の専門店しか絶対にできない特別ぜいたくな絶品のり佃煮です






素直においしい そして 真面目に安心 そんな逸品です。

● 日本最高の漁場である有明海産海苔にこだわるから『安心』で『おいしい』
● 素材に自信があるから、普通は使ってしまう調味料・着色料・安定剤(増粘多糖類)他を
一切使用せず『安心』で『おいしい』
● 素材の味を生かして塩分・糖分控えめだから『安心』で『おいしい』
(一般的な海苔の佃煮と比べ塩分は50%、糖分が30%カット)





■ 無添加 のり佃煮

一般に売られているのり佃煮と違い、板海苔(寿司のり)ではなく『焼き海苔』を使用することによって、ふつうとはひと味違う焼き海苔の風味をお楽しみいただけるのり佃煮です。

焼く前の板海苔と焼き海苔では、そのおいしさはまるで違います。
科学的にも証明されているのですが、海苔を焼くことによって細胞がバランスよく壊され、そこから旨み成分(グルタミン酸)が焼く前のなんと5倍も染み出てくるのです!
その焼き海苔を佃煮にしてしまったという、ほかでは味わえない作品です。

驚くのはその「作り方」「徹底さ」です。
保存料や着色料を使わない佃煮は、数少ないですがほかにもあります。とても素晴らしいことだと思います。
ただ、 どうしても「化学調味料」に頼ってしまいます。 …手間とコストの問題なのです。

この「生のり煮付け」は、何度も何度も試行錯誤を繰り返し、手間を惜しまず、時間をかけて、コストを最優先にすることなく 「化学調味料、防腐剤、着色料」などを一切使用せず作り上げました。

素直においしい そして 真面目に安心 そんな逸品です。







■ 無添加 明太子生のり ■

海苔の原藻(生のり)を、なんと 摘んだその日に炊き込んでしまうという鮮度の良さを誇ります。
野菜でも一緒なのですが、最高においしいピークの時期はほんの一瞬だといわれます。
その一瞬を逃さず、素材のおいしさをそのまますぐに封じ込めてしまうことによって、素晴らしい作品が出来上がります。 実際にこれをされている海苔工場をほかに知りません。

さらにすごいのが、『辛子明太子』もすべて化学調味料無添加のものを使い、煮込みのベースも(もちろん最後まで)化学調味料無添加のタレを使っているということです。
ハッキリ言って 無添加の辛子明太子こそ探すとほとんどなく、長期保存するためと味付けのために添加物や保存料漬けの明太子しか見当たりません。

驚くのはその「作り方」「徹底さ」です。
保存料や着色料を使わない佃煮は、数少ないですがほかにもあります。とても素晴らしいことだと思います。
ただ、 どうしても「化学調味料」に頼ってしまいます。 …手間とコストの問題なのです。

この「生のり煮付け」は、何度も何度も試行錯誤を繰り返し、手間を惜しまず、時間をかけて、コストを最優先にすることなく 「化学調味料、防腐剤、着色料」などを一切使用せず作り上げました。

素直においしい そして 真面目に安心 そんな逸品です。







■ 無添加 生のり煮付け ■

これは正真正銘の「貴重品」なんです。
もともとは、海苔を生産している漁師さんが、ご当地の旬の味として食べていたものだそうです。

海苔が採れる11月中旬から3月までの間で一番おいしい時期に、厳冬のまだ暗い夜明け前に漁に出て、わずかしか採れないやわらかい生のりだけを厳選したものだといいます。

海苔は暗いうちに取らなければ旨味がなくなり、歯ざわりが硬くなってしまいます。
厳冬期の有明海は内海といえども荒れるので、生海苔の収穫がその時の海況に左右されます。
そのため、早い時で早朝4時半に起床して工場で待機しなくてはなりません。
生産者の収穫の絶妙なタイミングに備えなくてはならないからです。


海苔は、海から採れて陸揚げしてから約20分ほどで加工をしないとすぐに変色してしまいます。
ですので、加工されていない生の海苔を商品化するために工場が海のそばにあるのです(!)
味が落ちる前に加工が終わっているので、漁師さんが食べる海苔よりもおいしいかもしれません。

一般に売られているのり佃煮は、加工した板のりに青のりなどを混ぜて製造していますので、香りはほのかによいのですが、生のり特有のすばらしい食感は絶対にありません。
この「生のり煮付け」の、とろとろ・つるつる・ぬるぬるの艶かしい生のり特有の食感に、初めて食べた人はまず100%がびっくりします。
また、のりが本来持っている豊かな海の味と余韻を存分に楽しむことができます。

驚くのはその「作り方」「徹底さ」です。
保存料や着色料を使わない佃煮は、数少ないですがほかにもあります。とても素晴らしいことだと思います。
ただ、 どうしても「化学調味料」に頼ってしまいます。 …手間とコストの問題なのです。

もし調味料メーカーに味付けをお願いをすれば安く手軽に調味液が作れます。
しかし、生のりに最も合う味付けはその海を知っている海苔屋にしか絶対にできません。
味付に使う素材はすべて徹底的に厳選し、国産でも特に味の良い本醸造醤油を使用します。
この生のり煮付けの濃厚な旨味は、生のりそのものが持つ旨味を引き出した結果であります。


何度も何度も試行錯誤を繰り返し、手間を惜しまず、時間をかけて、コストを最優先にすることなく 「化学調味料、防腐剤、着色料」などを一切使用せず作り上げました。

素直においしい そして 真面目に安心 そんな逸品です。

 









早朝6時に大釜の中でじっくりと炊き上げられているのは鹿児島産の鰹節、大分産のえび、長崎産のあご(飛魚)、北海道産の昆布、熊本産の椎茸、長崎産のいりこ、いずれも有名産地から取り寄せられた厳選素材だという。


もちろん、食品添加物はまったく使わない。
この出汁作りが味の根底を支えることから、一切の妥協は許されないという。


海苔は工業製品ではない。大自然が育む天然資源である。
そのため、収穫には天候や気候などに大きく左右されてしまう。
そう、これはおそらく有機野菜を育てていくのと同じかもしれない。

--- スーパーや市場が求めるサイズ、美しさは十分に揃わないことは当たり前である。
--- 海苔も同じく、加工メーカー側が求める等級や生産量が十分に揃わないこともある。


鰹節(鹿児島産)
いりこ(長崎産煮干)
焼えび(大分産)
あご(長崎産飛魚)
椎茸(熊本産)
昆布(北海道産)







たとえば生のりを原料とした『生のり煮』がある。
この『生のり煮』の原料となる 『原藻』は、早朝に収穫すると午後にはすでに傷んでしまうという。
なので、収穫から加工までの鮮度と品質を保つことがとんでもなく難しい作業なので、当然それが市場に流通することはまずないという。


「でもこれがうまいんだよ。香りが違う。炊き上げて生のり煮にするんだ。
しかし海苔の旬の
冬しか手に入らない。海の気象は刻一刻と変化する。
だから生産者と綿密に連絡を取り合ってないと、
原藻は手に入れることが困難なんだ。
それに数時間で味が落ちるから、浜の近くに工場がないと
この原藻を美味しく炊き上げることはできないんだ。」


--- その言葉通り、海苔の産地であり生産者が住む有明海に面した街にその海苔工場はある。







「今でも無添加はゆずれないんだよ。
何故かって?そうだなあ、
こだわりというより信念みたいなものかな。」


『美味の追求』と『食の安全』を貫くには忍耐と困難を伴う。コストも大きくかさむ。

出汁の仕込みにしても、素材の厳選、仕込みの時間、素材を煮詰める時間、温度、そしてタイミング、すべてに長年の経験で培ってきた味づくりの技術が詰め込まれている。


「タンパク加水分解物と呼ばれる調味料があってね、
これ自体は添加物とはされていないんだが、それ自体が
生産過程において強力な酸やアルカリ使ってつくられるんだ。
中和するから大丈夫だというが、
家庭で料理をするならそんなものは使わないだろう?
なのに、そのタンパク加水分解物を利用するのが
一般的なうまみ調味料のつくり方になっているのだから驚きだ。」



もし…香料や着色料、防腐剤などを使えば、容易にしかも安く香りを立たせ、色鮮やかにし長持ちさせることが可能である。


「食品をつくる者として消費者の健康を守ることは義務なんだよ。
それに無添加でつくるとね、毎日食べても飽きないんだ。
毎日食べられないと健康は維持できないだろ。
 だからこそ私たちは食の安心と
安全を守り続けなければならない!
味を追及し続けなければならないんだ!」




         いかがですか? どうでしょう。

          ええ、 店長土田 薦めます。













のり佃煮 160g
   無添加 瓶入り

絶対に声が出る 驚きの美味しさ

540円 (税込)









明太子 生のり 160g
無添加 瓶入り

絶対に声が出る 驚きの美味しさ

864円 (税込)









生のり煮付け 160g
無添加 瓶入り

絶対に声が出る 驚きの美味しさ

864円 (税込)










無添加 のり佃煮 オールスター3タイプセット

佃煮 & 生のり煮付け & 明太子 各160g

          絶対に声が出る 驚きの美味しさ

2253円 (税込) セット





受付け・お届け曜日  お支払いについて
送料について  送料無料について
土のめぐみについて   返品について 
かごを見る  お問い合わせ


たっぷり野菜セット L おいしい基本の野菜セット M ちょこっと野菜セット S ばら売り・有機野菜 おひさまたまご 放し飼い有精卵 土のめぐみのお米








「のり屋自慢の」無添加ふりかけ かつお・なっとう・えび 「のり屋自慢の」無添加のり佃煮