ナチュラルとは… ナチュラル・トマトレシピ トマトまみれの晩餐会 トマトの変身術 お買い物かごへ!







とにかくこれは衝撃でした。
スパークリングワインがこんなにもトマトとマッチングするなんて・・

あ、いえ、こんなに、こんなにもスゴく
まみれてしまうなんて・・・

いきなりノックアウトでした。







アオリイカのやわらかさと トマトのジュースが口に広がってきたときは、マジメに幸せを感じました。

香ばしいトマトっていうものを生まれて初めていただきました。トマトステーキは偉大です。

そして有機栽培のニンジンきゅうりのスティック、これを、これを・・・




オーガニックは色も味も香りも濃いんです。



「バーニャカウダー」っていって、イタリアのピエモンテ地方のアンチョビを使った温かいソースなんですが、 これが絶品! そして絶句!

シェフにおうかがいすると『簡単ですよ、これは』とおっしゃいます。ですがこのエクストラバージン・オリーブオイルとアンチョビとニンニクとのバランスがか〜なり微妙なんだろうということは、ええ、ハッキリとうかがえます。

このディップをさっそく有機栽培のニンジンきゅうりにつけて、そしてパンにもつけていただいてみました。

・・・

やっぱり絶句でした。






この2種類のトマトというのは、どちらも熊本県の最上級の特別なトマト。

特に大玉トマトは上に乗ったメロンの甘味とあいまって、たとえようもない至極の世界を醸し出してくれます。

スモークされたホタテがまた素晴らしい・・・

「カッペリーニ」っていうのは直径0.9mmという極細のパスタです。
≪天使の髪の毛≫って意味なんだとか。いいネーミングですねっ。これは冷製パスタには抜群でした!



カッペリーニ・ダンジェロ








脂ののった天然スズキ、これだけでもおいしいんですが、一夜干しするとさらにおいしさが際立って深みが増してきます。

しかしなんといってもドライトマトがすごかった!これはかなり主張していました。トマトというテリトリーとは一線を画した存在感のある一品。
まさに濃厚な凝縮フルーツの感があります。 これは間違いなくワインに合います。 あっ 、ビールにも・・・






スズキにこれを乗せていただいたんです。
オーガニックハーブを手で細かくちぎって
手作りバターに入れたもの。
思っていたよりもかなりハーブの香りが立ち、

これは、、、 クセになります。







デザートです。
お待たせいたしました。

トマトのジェラートはもうまったくいうことナシ。女性は間違いなく感激するはずです。

しかしトマトババロアにはいうことがあります。これは、    罪です・・・

文字にはできないほどの香りとなめらかさと後味の素晴らしさ、とっても深くて濃いんだけども、しつこくなくて爽やかな甘味と酸味、口の中でとろけていったのには、もうかなり感激してしまいました。
最後にまたノックアウトされてしまった・・・そんな感じがした「トマトにまみれる晩餐会」なのでした。







ナチュラルとは… ナチュラル・トマトレシピ トマトまみれの晩餐会 トマトの変身術 お買い物かごへ!



トマトの変身術