3月も半ばになると、もうすぐいよいよ春がやってきます。
この季節は、寒い冬ずっと眠っていた旬のパワーがここぞとばかりに芽を吹き出すにぎやかなシーズンです。
そこからの時期、一瞬の旬を待ち焦がれていた 『土のめぐみたち』 がいっせいに顔を出し始めます。


そうなんです、実は待ち焦がれていました。
いえ、「恋焦がれていた」 と言ったほうがいいかもしれません。
それほどの想いが、今ようやく結ばれるのです。

地中深く、一瞬の旬のその時期を、ひっそりと待っていたあの幻の逸品が姿を現します。


ええ、です・・・






たけのこは漢字で 「筍」 と書きます。

これは 「旬の内に竹の子となり、旬を外すと竹となる」 という言葉からきているのです。

ここでいう旬とは約10日間ほどのことです。 つまり10日も経てば、もうたけのこではなく竹となってしまいます。
たけのこでいられる時間は本当に短い、本当に一瞬なのです。

スーパーやデパートなどに並んでいるほとんどの野菜は、今やハウス栽培などで(さらに農薬や化学肥料漬けで)1年中手に入るようになっていますが、でも“たけのこ”だけはその「旬」でなければ食べられない貴重な食べ物なのです。

ただし、その中でもと呼ばれるものは・・・ まずお目にかかれません。







大変な山城の竹林


4月ともなれば、京都の竹林はもう戦場のように大変です。
有名なたけのこ産地の京都・山城地区一帯では、陽も出ない暗い早朝から、プロによるまさに真剣勝負のたけのこ掘りが一斉に始まるのです。

暗い陽の出前に掘ったたけのこは、日中や夕掘りのたけのこと比べると、その味はもちろんのこと栄養価がかなり高く、掘り出した後の鮮度も持ちも、本当にまるで違います。



まさに、芸術です


きっと普通では・・・
そう、一般にたけのこは、地上に出たものを取るのが普通なのですが、京都・山城地区の特殊な白子たけのこだけは、地中で一人前に大きく育てあげ、特殊な道具を使って一本一本ていねいにプロが掘り起こしていくのです。

その技は・・・ええ、まさに芸術としかいいようが言いようがありません。

     


超極上がここに

京都で生産されるたけのこは、全国量からいえばほんの一割程度なのですが、その品質たるやまさに日本一。
その中でも極上の超一級品が「白子たけのこ」と呼ばれます。

昔からここ京都・山城の土は、たけのこ作りには最適な粘土質の土だったのです。
排水性がよくて、やわらかく、保温力が高く、特に地中深くで育て上げるこのたけのこには最高の条件なのです。

その土が、たけのこにとって最高の土でなければなりません。 まさに一にも二にも土なのです。
上村さんの竹園はすべての条件を満たしており、本当の「超極上」の白子たけのこが育つのです。



申し訳ございません・・・ ただし、


その特別な栽培には、想像をはるかに超えたとんでもない時間と手間ひまがかけられています。

まずは元肥をしっかりと施す、その後の追肥をタイミングよく行う、冬の寒さから守るための敷きわら、上質な土入れ、陽が均等に注がれるように古い竹を伐採し剪定し手入れをし、そして親竹立てをする。

・・・と、まるで最高の庭園を作り上げるように手入れは決して怠ることができません。 つまり丸一年中、考えられないような大変な手間ひまをかけて大切に大切に大切に育てあげられるのです。

ただ、年々その手間ひまをかけて手入れされるべき竹園が少なくなってきており、またその手入れをする後継者もいなくなってきており、この「超極上」品も数量を限定しなければどうしても皆さまにご案内ができなくなってしまいました。

本当に申し訳ございません。


  ただし、 今なら・・・





楽園とはここだったのか…
何もかもを一瞬のうちに
忘れさせてくれる別世界
そんなふうに思わせる
空間がここにはあります

お客さまをご案内




掘りたてのキメ細やかな肌
ため息が出るほど美しい

掘りたての白子たけのこを
アルミホイルに包んで
焚火の中へそのまま…


焚火の遠赤外線の効果
この世のものとは思えない
天国の贈り物ですね


白子たけのこ掘り 体験談 by 店長土田



群を抜く
    芸術品


京都・山城地区で育てあげられる『白子たけのこ』は日本一と言われます。

その驚くほどのやわらかさ、こたえられない歯ざわり。
そして考えられないほどの極上の甘味などは、日本中にたけのこがどれだけ出回れども特に群を抜いています。


とりこになります

たけのこは苦手で・・・とおっしゃっておられたお客さまが、たまたま『白子たけのこ』を口にされたのです。

見事でした・・・
完璧に大ファンになってしまい、それからは (去年のシーズンの最後の最後のご注文まで)何度も何度も何度もご注文をいただくようになりました。
また、贈りものとして送られたお客さまもとりこになってしまった、、、なんてことも毎年かなりのお声が上がります。





この芸術品「超極上・上村さんの朝掘り白子たけのこ」
その言葉通り、まだ暗い朝から掘り出すのです。

掘ったその日に、すぐに発送いたします!



超極上・上村さんの白子たけのこは、掘りたてであれば刺身で食べられるほどに鮮度が素晴らしくよく、一般のたけのこのようなエグ味もほとんどありません。
(個人的には刺身より すぐに茹でた方がかなりおいしいですね)

その皮の色は美しく浅い黄色をしており、本当に掘りたての新鮮なままでお届けいたします。

その根の切り口は見るからにみずみずしく、掘りたてのためにまだ湿っている状態です。
貴重な有機栽培の米ぬか(一緒にゆでてください)と、殺菌のための笹を同梱させていただきます。

本当に、この春の一瞬だけの貴重な旬を 存分に堪能してみてください。









この上村さんの朝掘り白子たけのこは通常は市場では一切取引されずに、高級料亭にのみに出荷されるという、一般ではまず手には入らない、本当に本当に貴重な最高級品なのです。 
そう、その名の通り 『幻』 。。。

もちろんそんな貴重品ですから、数量には限りがありますので、ご注文をいただいたお客様からの受付順とさせていただいております。何卒よろしくお願い致します。

この一瞬だけ、特別開放いたします!
●お届けは4月上旬からの予定です。(ご注文後、再度改めてご連絡を致します)
●他のご注文商品とは同梱できません。よろしくお願い致します。
コレクト(代引き)でのお支払いができません。
(クレジット・銀行振り込み・郵便振替 にてよろしくお願い申し上げます)
●貴重なJAS有機栽培の米ぬかをプレゼントとして同梱させていただきます!
早朝に収穫して、すぐに発送させていただきます!
●近畿県内ですとその日のうちにお届けできます!
⇒近畿即配便不可能エリア >>

ちなみに・・・
京都のある産地の 「早掘りたけのこ」 という名前のたけのこ(決してそれは白子ではありません)は、なんと 「2kg 21000円」という価格で販売されておられます。・・・ご参考までに。




 

一部地域を除く

  超極上 上村さんの
   朝掘り 白子たけのこ
      2kg(ビール大瓶で約2〜3本分)
 
  初値相場価格 21000円(送料別)

当店特別価格 15750円 (送料別)のところ・・・


お届け地域






 

一部地域を除く

  超極上 上村さんの
   朝掘り 白子たけのこ
      4kg(ビール大瓶で約4〜6本分)
 
  初値相場価格 33000円(送料別)

当店特別価格 26250円 (送料別)のところ・・・
お届け地域





受付け・お届け曜日  お支払いについて
送料について  送料無料について
土のめぐみについて   返品について 
かごを見る  お問い合わせ



朝掘り白子たけのこ 近畿即日便 不可能エリア
京都府 亀岡市 東別院町・西別院町・畑野町 兵庫県 赤穂郡 全域
  北桑田郡 全域   朝来郡 全域
  船井郡 園部町・八木町以外全域   出石郡 全域
奈良県 宇陀郡 榛原町以外全域   揖保郡 全域
  添上郡 全域   城崎郡 全域
  山辺郡 全域   佐用郡 全域
  吉野郡 吉野町・大淀町・下市町以外全域   播磨郡 家島町・夢前町
和歌山県 有田郡 清水町・金屋町   宍栗郡 全域
  伊都郡 高野町・花園村   豊岡郡 全域
  海草郡 野上町・美里町   美方郡 全域
  新宮市 全域   三原郡 南淡町・沼島
  田辺町 全域   養父郡 全域
  西牟婁郡 全域      
  東牟婁郡 全域      
  日高郡 南部町・龍神村・南部川村
美山村・中津村
     

その他の近畿圏内は即日お届け致します
(近畿圏外はその都度ご連絡致します)
ヤマト運輸


お客様のお声

とっても美味しく頂きました!!!!!皮付きなので、結構構えておりましたが、発送から到着、そして調理法までとても親切丁寧にご案内いただきとても感謝しております。またぜひ注文したいと思います!!ありがとうございました。



筍とはこれほど繊細で優雅な食べ物だったのか・・・と、ため息が出るほどの、上品で上質な朝堀白子です。このお値段、多分、市価の4分の1。高級料亭でもなかなか出会えない旬の贅沢を、このお値段で・・・というのには、頭が下がる思いです。



ギフト利用したのですが、「やわらかくて甘くておいしかった」と先方さんが言っておられました。
 


白子たけのこ掘り 体験談 by 店長土田


北新地料亭がやってきた ヤァヤァヤァ!