つい、うっとりと我を忘れてしまうという、心地よく危険なオイルなのです。
これが『恋するエキストラヴァージン』と呼ばれる、魅力たっぷりの作品です。

まるで洋梨のように爽やかでフルーティーな香りとテイストは特筆モノ。
それでいて、アーモンドやナッツのような香ばしいやさしさも持っています。

新鮮なオリーブらしい辛みや苦みは残しつつも、マイルドでライトな味わい。
ですので、オリーブオイル初心者の方にも大絶賛されています。
子どもたちが大好きな味なのも、女性に特に人気なのもわかります。

手にしたとたん、ワクワクが止まらなくなります。
いつも一緒にいたい、そばにいたい、離れないで… 恋するオイルそのものです。




和食には想像以上になじみやすく、コクが加わり奥深い味に変わるのに驚きます。
チーズとは強烈に相性がよく、ピザやパスタなどにはまったく文句なし。
「冷や奴+天日塩」をツルンとした舌触りとともに超高級料に押し上げてくれます。

無駄なものや余計なものが一切入っていない高品質オイルですので、
サラダにはもちろん、魚料理をはじめお肉にも見事にマッチします。
じゃがいも、かぼちゃなどのボタージュスープの仕上げにマッチアップ。
ぜいたくなコクと風味、口のなかでふわっと広がるやさしい味… 恋に堕ちます。

イエロー&グリーン マイルドで素敵な色合いの実力派。
「離乳食」にも存分にお使いいただいております。
食感も、香りも、広がりも、後味も、「一回し」で別世界を体験していただけます。

かわいらしさと色っぽさもたっぷりご堪能ください。




ウーゴと27もの自然農法オリーブ生産農家たち

イタリア、オリーブオイルの町と言われるモリーゼ州フォルネッリ。
オリーブオイルテイスターでもあるウーゴと27もの自然農法オリーブ生産農家たち

選ばれた場所で選ばれた者たちが、丹精込めて作り上げたエキストラヴァージン。
地元の農業大学と協業しながら、環境に負荷をかけない永続型栽培法を続けます。

毎年、すべて満足できる完成形に至るものができないことは極めた農産物の宿命。
正直、納得できないと感じたものは、おそらく世に出ることはないでしょう。


モリーゼ州フォルネッリ

エキストラヴァージン・オリーブオイルは、絶対にオリーブが命。
その年々のオリーブを取り巻く条件や環境によって味や風味や繊細さはまるで変わります。
ですので、栽培には決して手を抜かず、手間を惜しむことは一切ありません。

イタリア・モリーゼ州フォルネッリ周辺地域で無農薬・自然栽培されています。
貴重な地品種である「パエザーナ・ビアンカ」100%のオイル

モリーゼ州商工会議所主催のオリーブオイル・コンテストで、
単一品種・ライトフルーティー部門で、なんと2012・2014年と2度の優勝

幾重にも広がる美しい棚田や段々畑をご先祖様より累々と受け継いできた熊本県山都町。
同じように、美しく深く気高い田園風景が素晴らしい作品を生み出す、イタリア・モリーゼ州。

専門家審査員たちが見ているのは、決してできあがった製品だけではありません。
歴史も、文化も、環境も、そしてまっすぐな未来をも審査しているのです。









イタリアのオリーブの品種。

世界でも飛び抜けてバラエティの豊かな品種を、それぞれの地域に適している栽培方法、
また収穫の時期や方法を常に研究し、最高のオリーブオイル作りに取り組み続けている真面目な国。

イタリアの1.6倍以上のオリーブオイル生産量があるスペインですが、搾油所数はイタリアが世界No.1。
(スペインの約1800ヶ所に対して、イタリアは3倍近くの約5000ヶ所)
搾油所数が多く、オリーブの実を収穫して鮮度最高のまますぐに搾油できるため、最高品質を保てるのだそう。



ミネラルやビタミンをオリーブオイルが含んでいることは有名。

でも、何といっても最高に素晴らしい成分は70%を超える「オレイン酸」
ごま油の2倍、大豆油の3倍以上と、どの植物油より豊富にオレイン酸を含んでいます。

オレイン酸は不飽和脂肪酸の中で一番酸化せず、脂質をエネルギーに替えるラッキーアイテム。
ですので、中性脂肪がつきにくく、普通に生活していても効果的なダイエットにはBESTです。
(2010年「地中海式ダイエット」が世界無形文化遺産として登録されました)

善玉コレステロールを活かし悪玉コレステロールだけを下げるという、正義の味方的働きが調査結果で出ています。
ということは、細胞の老化を防ぎ体内から若さと美しさを保ってくれる、白馬の騎士的働きを持つ聖なるオイルなのです。

昔から地中海沿岸でオリーブオイルが不老長寿の秘薬として使われてきたのも激しく納得できます。




数ある植物油の中でも、生の果実から搾油されるのがオリーブオイル。
(一般的に、植物油はほとんどすべて精製されています)

その中で、搾っただけの化学的処理しないものがヴァージンオイル。
さらにその中で、酸度が0.8%以下の貴重な最高級一番搾りが「エキストラヴァージン・オリーブオイル」

地中海の神々の恵みと言われるエキストラヴァージンは「オリーブのジュース」と言われます。
もちろん、レ・マルスィカーネも セッテ・トッリも、そのまま美味しく飲める特別な最高峰の逸品です。

◎味覚上の欠陥がゼロ ◎果実の風味は不可欠 ◎刺激や苦味はプラス要素

など、オリーブオイル法(1991年)でさまざま厳格に定められた法律をクリアして初めて
「エキストラヴァージン・オリーブオイル」と名乗ることができます。



本物は極端に少ないのです。

日本にはオリーブオイルの規制がなく、一番人気が高いものがエキストラヴァージン。
なので、市場に出回っている量のほとんどが偽装品と言っても過言ではありません。

逆に(エキストラヴァージンと書いていても)身体にかなり悪いものもあったりします。
正直、価格が安いものはまず確実にアウトと考えていただいて問題ありません。
(もちろん、価格が高くても賄賂漬けの粗悪品が多いこともありますが)

「原材料産地、オーガニック、圧搾法、非加熱、無添加、化学薬品不使用」

これらは確実に選ぶ目安にしてください。
しかし、こう書かれていても偽装品や粗悪な商品が蔓延っているのが現状です。

…では、どうすればいいのか。

  だから、3つだけ 個人的に大きなの条件を申し上げます。



 これは、一度でも口にしていただければ必ず納得していただけるはずです。
 個人的にもそうですし、多くの絶賛のお声とリピーターさんがその証です。




 無農薬はもちろん、産地も生産者も栽培も、そして歴史と環境も揺るぎません。
 また、それらをサポートしていただく方々ヘの絶対の信頼はびくともしません。




 決してサプリメントではありません。単なる万能調味料でもありません。
 食を、毎日を、人生を楽しく豊かにしてくれる、大きな大きな宝物です。





レ・マルスィカーネ(LE MARSICANE)と セッテ・トッリ(7 TORRI)
本物のエキストラヴァージン・オリーブオイルを使うと料理の仕上がりがまったく違います。

だから、 毎回の食事に ドキドキ してしまいます。










7 TORRI(セッテ・トッリ) 250ml

  エキストラヴァージン・オリーブオイル
  パエザーナ・ビアンカ種 ~新オイル(2014年秋収穫・搾油)~
  生産者 : セッテ・トッリ農業組合
  生産地 : イタリア モリーゼ州フォルネッリ
  品 種 : パエザーナ・ビアンカ100%
  農 薬 : 不使用
  収 穫 : 11月上旬手摘み
  搾 油 : 遠心分離連続法 / コールドプレス
  賞味期限 : 2017年5月
  サイズ : 幅50 × 奥行50 × 高さ250mm

 2460円 (税込)












7 TORRI(セッテ・トッリ)
LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)


  各250ml 2本ペアセット

 5350円 (税込) セット

 





受付け・お届け曜日  お支払いについて  送料について  かごを見る
送料無料について 返品について 土のめぐみについて お問い合わせ

LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ) 7 TORRI(セッテ・トッリ)
LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ) 7 TORRI(セッテ・トッリ)