実は「サラダ油」という油は日本だけのものなのです。
菜種油、大豆油、コーン油、ひまわり油、胡麻油、紅花油、米油、綿実油、ぶどう油の9などの混合油で、基本的にすべて「遺伝子組み換え原材料」のものです。
 --- スーパーなどで安く販売していますので よくご存知ですよね。

もちろん、これらのほぼ100%が薬品添加物を使います。
つまり、劇薬で精製され 化学抽出法で混合油は採取されます。
採取された油は、あの悪名高い“トランス脂肪酸”に変化します。
さらに脱ガスし、脱色し、脱臭し、添加物まみれで製品にされ販売されます。
 --- これはサラダ油だけではなく、安いヤシ油やキャノーラ、ごま油も同じです。

最終的に薬品が製品に残ることで 身体にどんな影響が出るのかわかりません。
逆に、もともと大切な抗酸化物質などの素晴らしい成分はなくなってしまいます。
 --- 酸化防止剤や多くの添加物、あれらは発がん性物質だらけですから。



   これが、
   知らなかったヤバいアブラ ずっと一緒に暮らしたいオイル の違いです。





  「伝統 古式圧搾製法」のオイルは驚くほどシンプル。

危険な化学溶剤や防腐剤、消泡剤などの薬剤も
一切使うことはありません。

もちろん脱ガス、脱色や、脱臭などするはずもなく、
まったくの無添加でできあがります。

創業から65年間、一度も製法が変わることはありません。

まさに命の油  ずっと一緒に暮らしたいオイル です。
一般的なサラダ油の例
【溶剤ノルマンヘキサン】
灯油やガソリンに多く含まれる成分。ベンジンの主成分。ホームセンターや自動車用品販売店でブレーキクリーナー、パーツクリーナーなどという名称でヘキサンのスプレーが販売されている。かなり怖い。
【脱臭】
油を超高温240度以上で加熱減圧し、水蒸気を吹き込みながら臭み成分を取り除く。トランス脂肪酸が発生する。(〔カネミ油症事件〕は この脱臭工程でPCBが混入した事が原因)











すべて一枚一枚ラベルも手貼りをする代表の中上さん。
(昭和24年創業の製油工場 現在二代目として頑張っておられます)


機械化や大量生産などは絶対にせず、ていねいに一滴一滴搾ります。
菜種を約7kgも使って ようやく一升瓶一本分の油が採れるという非効率さ。
それをすべて手作業で一本一本瓶詰めをしていくという非効率さ。

「私に仕事を教えてくれた先代は昔堅気の職人さんでした。口数も多くなかったので見て学ぶことが多かったですね。先代が亡くなられてから男手は私一人になりました。工場を守らなくてはと思いこれまで以上に勉強しました」

中上さんは、そこでまったく非効率な製油を学ばれました。
それは、効率だけを追いかけた粗悪で危険な油とはまったく逆のものでした。

「油は単なる調味料ですが、知れば知るほど奥が深い。健康に良い無添加のものをもっとみなさんに知ってもらいたいですよね」

まっすぐ正直に安全で、心の底から安心して使うことができる無添加油。
昔ながらの製法をこれからも崩さず、一歩一歩 今日も作り続けています。












製油には上のような6工程があり、瓶詰めまで丸4日間もかかります。

「まず、タンパク質と油脂を分解しやすくするため、菜種を釜で焙煎します」

重厚な石造りの釜からは、まるで落花生を炒った時のような香ばしさが漂います。
約40分間じっくりと焙煎された菜種は、次に圧搾機へ投入されます。
効率だけを求めた最新鋭設備ではなく、昔ながらの無骨な機械が唸りをあげます。
トロリとした、最高に美しい黄金色の液体があふれ出てきます。

「うちではこの一番搾りの油だけを使っています。一般的な食用油は余すところなく搾りきられるため、作業工程に添加物が使われます。 中にはそれが気になる人もいらっしゃいます」










油は搾油の方法がかなり大きな決め手となります。
上記に書いてきたように、大きく分けると「手搾り圧搾」「薬品抽出」の2タイプ。  これ、真反対なんです。

「薬品抽出」の油がヤバいのは、ちょっと考えればわかりますね。 あんな値段で普通に搾れるわけないですし。
こだわりだとか、一番搾りだとか、ヘルシーだとか言葉が飛び交います。
まず、ほぼ、スーパーに出回っている安い油は極粗悪品と考えてOKです。 本物は 超極端に少ないですから。


「手搾り圧搾」そのものが もう貴重品だから、なかなか手に入らない。
何といっても最高に素晴らしいのは、多くのビタミンやミネラルがたっぷり含まれてること。
それに、化学的処理をしていないから抗酸化のパワーを存分に持っているのです。
つまり、本気の油は「あなたを老化から防ぎ、美しさと若さを届けてくれる」んですよ。

ものすごいと思いますよ。


最初に口にしたときの衝撃は…今までの油のイメージが一瞬で崩れたほど ものすごかったです。
もう、スーパーの特価品なんか お金をもらっても使いたくないですね。

写真撮影の際に、2度目の味見をしたんです。 
その場で、そのままイッキに飲んでしまおうかと思ったくらい美味しかったのを覚えています。
あれは、まさに 『スペシャル・オイルジュース』 ですね。

あなたに、そしてあなたの大切な人に、何がなんでも使ってもらいたいんです。
無理矢理にでも、強引にでも、絶対おススメします。




















伝統 古式圧搾製法
  椿油 100cc


この「伝統 古式圧搾製法」の貴重な油は、
熊本県産Non-GMO(遺伝子組み換えでない)天然椿を使用しています。

椿油はオリーブ油以上のオレイン酸(86~93%も!)を含んでいるという酸化しにくい最高級の天然植物油です。
(冬は凍って白くなります)


(通常価格 2000円)
 1404円 (税込)













伝統 古式圧搾製法 命の油

 セレクト 4本セット(通常価格 6460円)
・ 椿油(100cc)
・ 
なたね油(五合瓶)

・ しらしめ油(五合瓶)
・ 純ごま油(四合瓶)
  4536円(税 セット

  


 セレクト 3本Aセット(通常価格 5380円)
・ 椿油(100cc)
・ 
なたね油(五合瓶)
・ 純ごま油(四合瓶)
  3780円 (税 セット

  


 セレクト 3本Bセット(通常価格 4160円)
・ 椿油(100cc)
・ 
なたね油(五合瓶)
・ しらしめ油(五合瓶)
   2916円 (税 セット

  


 セレクト 2本Aセット(通常価格 3080円)
・ 椿油(100cc)
・ なたね油(五合瓶)
   2160円 (税 > セット

  


 セレクト 2本Bセット(通常価格 4300円)
・ 椿油(100cc)
・ 純ごま油(四合瓶)
  3024円 (税 セット

  

受付け・お届け曜日  お支払いについて  送料について  かごを見る
送料無料について 返品について 土のめぐみについて お問い合わせ






純なたね油 しらしめ油 純ごま油 純椿油