素晴らしいシャキシャキッとした歯ざわりは素晴らしいし、その甘さにはびっくりします!普通に売られているサニーレタスはどうしても苦いものが多いですが、これはまるっきり違います!

テレビや新聞、雑誌で何度も取り上げられ大絶賛!
素晴らしいシャキシャキッとした歯ざわり、みずみずしくて甘いリーフ。
ほかでは まずマネのできない無農薬オーガニック栽培(JAS有機認証)ですので、生でサラダでぜひ味わってみてください。絶対に見逃さないでください!


JAS有機栽培 土のめぐみ生産者 村山さん 顧客満足度100%! テレビ放映で大反響!



素晴らしい畑! 雄大で壮観な畑! 美しすぎる光景…
これが何十年も無農薬で培ってきた宝の畑です。(JAS有機栽培認証)

  この、本当に見事なコントラストを実際に目にすると、感動で震えます。。。






レタスにはどうしても「虫」がやってきてしまいます。
やはり美味しいもの・安全なものは本能的にわかっているのでしょう。

栽培していただければおわかりになると思いますが、レタスの虫のやんちゃなことといったら…黙って放っておくと確実にレタスがまるまる 『レースのカーテン状態』 になってしまいます。

もちろん生産者のレタス栽培は家庭菜園と違いますのでその面積は広大になりますが、規模が大きくなればなるほど手間や時間やがかかります。

そこで大産地の一般栽培では、当たり前のように農薬(殺虫剤)をどんどん使います。
つまり虫も食わないようなレタスとなってしまうのですね。
ただ、見栄えは素晴らしいです。手間は極端に省けます。

レタスは、普通は生サラダでいただくことが多いのですが、この残留農薬のことを考えるとどうしても不安にならざるをえません。。。

生産者・村山さんご夫婦は、レタス一玉一玉すべて手で虫取りをしていくのです。
そうです・・・ すべてです。


産地に見学に来られた方が驚愕と感激の嵐で声を上げられます。
これだけ本当に真剣に正直に本気で取り組んでおられるのです。

でも一番言いたいことは…
掛け値なく、感動的においしいっ!ってことなのです。




鮮やかで感動的な美しさ、おいしそうにキラキラ光るリーフ。
この有機栽培レタスのリーフは本当に苦くないんです。

お客さまから「苦いから・・・」なんて、一般では敬遠されることも多いレタスなのですが、このレタスを一度でもお召し上がりいただいたお客さまからは間違いなく絶賛されます。

サラダによし、手巻き寿司によし、サンドイッチによし、ハンバーガーによし、生で大活躍するレタスですが、でも実は炒めてもお味噌汁も抜群に美味しいのです。

ぜひ、あなたが試してみてください。


レタスのたたき(ごま風味)

(1) レタスを洗い水を切り、2~3回たたいて少し大きめの千切りに。
(2) それをさらに手で押してしんなりさせる。
(3) 酢、ごま油、しょうゆ、塩・こしょうを混ぜあわせたタレをつくる。
(4) 盛りつけたレタスに白ごまを散らし、タレを上から回しかけて!



★レタスは包丁より手でちぎる方が切り口の変色を防げます。
★茹でて、煮て、炒めて、と様々な料理に利用できます。
★保存は冷蔵庫の野菜室。使う直前に冷水につけてパリッと!












レタス 1玉
JAS有機栽培

村山さんのオーガニック芸術作品です

378円 (税込) 玉  クール便



ブログ【サムライソウル】





受付け・お届け曜日  お支払いについて
送料について  送料無料について
土のめぐみについて   返品について 
かごを見る  お問い合わせ


たっぷり野菜セット L おいしい基本の野菜セット M ちょこっと野菜セット S ばら売り・有機野菜 おひさまたまご 放し飼い有精卵 土のめぐみのお米


海老のピリ辛サラダ


RKK熊本放送「週間山崎くん」 土のめぐみ生産者 村山さん取材放映!

RKK熊本放送「週間山崎くん」 土のめぐみ生産者 村山さん取材放映!

RKK熊本放送「週間山崎くん」 土のめぐみ生産者 村山さん取材放映!
RKK熊本放送「週間山崎くん」 土のめぐみ生産者 村山さん取材放映!





台風で、見るも無残に吹き飛ばされたレタスとサニーレタスの残骸。
一生懸命、手間ひまかけて育て上げ、収穫直前にすべてダメになってしまいました。
ハウス栽培ではなく、露地で有機栽培で育て上げているため、ということもあります。




高温で溶けてしまったレタスの山。 これももちろんすべて出荷ができません。
このように大自然相手となると、人間の力ではもうどうしようもないことがあります。
しかし、 薬も使わない、化学的な処理もしない、本当の本物の有機栽培は貫き通します。




見事に育った収穫直前のレタスとサニーレタスの畑です。 本当に見事に美しい。
ここまで育て上げるご苦労は、ここには書けないほど重く熱く深く、そして多いのです。

そのおいしさたるや・・・  これも、このスペースでは書ききれません。