感動で震えるほど。。。 そう、鳥肌モノをお届けできる喜びと誇りを語ります
無農薬・無化学肥料 自家採取 完全天日乾燥 自然栽培にんにく



まったく農薬を使わずにんにくを栽培、そして出荷することは本当に難しいのです。
 
家庭菜園だと実ができるかもしれません。
無農薬でも少しなら大丈夫かもしれない。
ただ、農家として完全無農薬で美味しい生食にんにく栽培されているところは全国ほぼありません。
そのうえ、まったく肥料を使わずに大自然の力だけで自然栽培されたにんにくはまさに宝物。
プレミアムと呼ぶにふさわしい、まず売り場や市場に出回ることがないために入手困難で、本当に貴重な逸品なのです。




ゼロから。 無農薬・無化学肥料 自然栽培のにんにくはゼロの大地から生きてきました。




上の2枚の写真、違いがおわかりでしょうか。
 
2枚ともすぐ近くの畑で、生産者も同じ、環境条件も同じ無農薬栽培です。
ですが、左の写真のにんにくは肥料をたっぷりと入れた畑で育てました。
右の写真は肥料は一切入れず、大地の力だけで生き抜いたものです。
いかがでしょう、違いがおわかりでしょうか。
 
そう、です。
根の張りが、伸びが、太さが、まるで違うのです。
左は栄養素(肥料)が当たり前にたくさんあるので、根はそれほど必要ありません。
おかげで玉はしっかり丸々と太り、たっぷりと水分を含んでいます。
右は栄養を求め、水分を探し、生き抜くために根がグンと力強く張り伸びています。
玉はギュッと締まりとんでもないほど細胞密度が濃く、旨みも甘みも強烈です。
 
どちらが良い・悪いはありません。ご判断ください。
ですが一度、右の写真の自然栽培にんにくを味わってみてください。
鳥肌モノです。






まずその大地が重要です。
 
そう、畑が命なのです。
まわりには汚染された水や空気が入ってくることもなく、ましてや農薬散布・ドリフトの心配もない畑、素晴らしい環境の中で生まれ育ちます。

農薬は一切使うことがありませんので、天候や害虫などによってにんにくが病気にかかってしまう可能性は一段と多くなります。
ですので、しっかりと実が育ち出荷できるにんにくになれるものは決して多くはありません。
ましてや除草剤もまったく使用しませんので、まわりの草は安心して伸び放題。それをすべて手作業で刈り取っていくという手間と時間とエネルギー。想像をはるかに超える激務、重労働なのです。
 
また、化学肥料は当然のこと有機肥料でさえ一切入れることをせず、大地の力と手間ひまと愛情だけで育っていきますので収穫量は激減してしまいます。当たり前ですが大量生産などまったく無関係の世界です。
 
それに、天日で長時間じっくりと乾燥させて旨みとエネルギーを最大限に凝縮させて最高レベルまで上げるのは本当に至難の業なのです。
実際に、機械で一気に乾燥させれば手間も時間もロスも天候リスクもまったくありません。
それに、肥料をどんどん入れて大きくして水分たっぷりに育てれば、(市場などの大きな流通では)重量で販売価格が決まるので儲かるのです。

しかし、それでも無農薬栽培を貫きます。
ですが、それでも自然栽培を実践します。
けれど、それでも天日で乾燥をさせます。
 
美味しい…と言っていただける笑顔がそこにあるからです。
安心して食べられるね…という思いが伝わるからなのです。






にんにくは世界のさまざまな国で栽培されているのですが、実はそのほとんどが中国産です。
日本で流通しているにんにくのほぼ100%近くはその中国からのものなのです。

正直、この自然栽培にんにくは中国産のものや化学肥料漬けの大量生産品と比べると、姿や形は少し良くないかもしれません。大きさも違うでしょう。
ですので、見た目や価格を重視される方は一般品をお買い求めされる方がいいと思います。
 
ただ、この自然栽培にんにく・・・ びっくりしますよ。






昔の(食への関心がなかった若い頃の)自分自身の恥ずかしい話なのですが、ずっと安ければ・大きければ・美しければいいだろうと中国産のにんにくを食べてきて慣れていた舌には、熊本の無農薬にんにくとの出会いは鮮烈な驚きでした。声が出るほど本気でびっくりしたんです。
 
「なんやこの強烈なにんにくは…
 というか、今までのはなんやったんや?」

薬味とはまったく思わず、にんにくを食べて初めて心から美味しいと本音で感じたことを覚えています。
ホコホコ食感は感動で震えるほどの体験になりましたし、自然の甘さというものがこれほどまで身体の隅々の細胞を目覚めさせるのかと思った衝撃は忘れられません。
そして、うれしい刺激とたまらない辛味と素晴らしく濃い風味がしっかりと口いっぱいに広がりながら、でもあの独特のイヤな臭いが後に残っていないのが不思議でたまりませんでした。今までずっとあの臭いがあとを引いていたのに。。。
 
なぜ?







生産者の畑に何度もおうかがいして、実際に土や畑や環境を見てお話しをおうかがいし、その手間ひまと情熱たっぷりの作業を感じていきました。
 
我が子のように愛を惜しみなく注ぎ与え、また独り立ちさせるために逆に厳しく突き放し、育てるというより生き抜く力を育んでいく栽培を貫いていることを改めて確認しました。
だから密度も濃度も香りも味の深さもパワーさえもまったく違った世界に存在していたのです。

大量販売されている中国産や農薬・化学肥料まみれの安いにんにくと比べると、
いえ、比べてはいけないですね。
 
化学肥料をどんどん注ぎ込んで、ただ一気に大きく太らせたにんにくが世の中にはいっぱいあります。
農薬漬けのものや中国産の見かけが美しいにんにくが世の中にはあふれかえっていますし、加工食品や健康食品にもどんどん使われています。

ここ、土のめぐみのページに来ていただいたあなたには本気でお伝えしたいのです。
 
なにが良い・悪いは申し上げません。ご判断ください。
ですが一度、この自然栽培にんにくを味わってみてください。
まちがいなく鳥肌モノです。






もちろん収穫後の発芽抑制剤(にんにくの芽を出なくする薬剤)なども一切使用していません。
 
東京や大阪、大都市などや市場にはまず出回らない超貴重なにんにくなのです。






自家採取 完全天日乾燥
  自然栽培にんにく 150g
  無農薬栽培

無農薬・無化学肥料 自然栽培にんにくは収量限定でサイズ別販売ができません。ご了承下さい。
また、業務用、メーカー様の大量お仕入れの際はご一報をお願い申し上げます。

454円 (税別)







受付け・お届け曜日  お支払いについて  送料について  かごを見る
送料無料について 返品について 土のめぐみについて お問い合わせ